So-net無料ブログ作成
検索選択

「犯人は『アー』と叫び走っていった」 加藤被告がメモ 秋葉原殺傷事件第7回公判(産経新聞)

【秋葉原17人殺傷 第7回】(1)

 《東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の第7回公判が27日午前10時1分、東京地裁(村山浩昭裁判長)で始まった》

 《これまで法廷では、事件の被害者や目撃者が次々と証言台に立ち、当時の惨状を赤裸々に語ってきた。第7回目となる今公判では、被害者1人と目撃者3人の証人尋問が行われることになっている》

 《また、少なくとも証人の1人は法廷には姿を見せず、別室で尋問に応じて音声のみが法廷に中継される「ビデオリンク方式」が採用されるようだ。これまでも被告と顔を合わせたくない証人のために衝立による遮蔽(しゃへい)措置などがとられてきたが、ビデオリンク方式がとられるのは今裁判では初めて》

 《法廷は、普段使用してきた東京地裁最大の広さを誇る104号法廷ではなく、ビデオリンクの設備がある426法廷が使われることになった。傍聴席は38席で、98席ある104号法廷に比べると2回りぐらい小さい印象を受ける》

 《傍聴人の入廷が終わり、午前9時59分、加藤被告が向かって左手の扉から法廷に姿を現した。いつものように黒のスーツに白いワイシャツ姿。入廷すると、すぐそばに傍聴席が見える。事件関係者の姿を認めると、やはりいつものように一礼し、向かって右手に位置する弁護人席の前の長いすに腰を下ろした。傍聴席最前列から加藤被告までは、わずか2メートルほど。手が届きそうなほどの距離だ》

 裁判長「それでは、開廷します」

 《午前10時1分、村山裁判長の声が法廷内に響いた》

 裁判長「次に取り調べる証人については、遮蔽の措置が決定していますので、いまからその措置をとります」

 《村山裁判長の声に促されるように、法廷内に遮蔽用の衝立が立てられた。しばらくするとドアが開く音と、いすに座る音が聞こえる》

 裁判長「証人の方ですね」

 証人「はい」

 《男性とみられる証人の声が響いた。証人の宣誓が終わり、尋問が開始される。検察官が立ち上がり、質問を始める。加藤被告は視線を下げた状態で、身動きせず座っている》

 検察官「あなたは、平成20年6月8日、殺人事件の起きた現場にいましたね」

 証人「はい」

 《最初の証人は、事件の目撃者の男性のようだ》

 《起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか、10人にけがを負わせたなどとされている》

 《証人は事件当日、ゲームソフトやパソコンソフトを購入するため、友人と2人で秋葉原に来ていたという。事件直前は、ラーメン店でラーメンを食べ、その後ゲームソフト店に向かうため、加藤被告がトラックで突っ込んだ交差点近くを、北から南へJR秋葉原駅方向に歩いていたようだ》

 検察官「そのとき、何が起きましたか」

 証人「後ろから、ガシャーンという音が聞こえました」

 検察官「現場の見取り図を証人に示したいのですが」

 《村山裁判長の許可を得た検察官が、法廷内の大型モニターに現場の見取り図を映し出した。検察官は、証人に図の位置関係が分かるか確認した後、質問を再開する》

 検察官「あなたがガシャーンという音を聞いたときの場所を『あ』と書き込んでもらえますか?」

 《証人が見取り図に「あ」と書き込み、丸で囲む》

 《音のする方向を見ると、人が倒れていたという証人。近づこうとすると、その周辺から「キャー」という悲鳴が聞こえたという》

 検察官「そのとき、何が見えましたか」

 証人「犯人が何かを持って走っていました」

 検察官「犯人とは?」

 証人「この事件の犯人である加藤被告のことを指して言いました」

 検察官「今、犯人と言いましたが、その犯人はどのような様子でしたか」

 証人「右手に何か持って、『アー』という言葉を叫んで走っていきました」

 《検察官は大型モニターに、加藤被告が事件当日に着ていた白のジャケットと白のズボンを映し、証人に確認させた上で、次の質問に移った》

 検察官「犯人はどのような姿勢でしたか」

 証人「両腕を広げていました。そのとき『ナイフを持っているぞー』という叫び声が聞こえました」

 《その後、交差点の中央付近に立っていた警察官に犯人が体ごとぶつかっていった姿を見たという証人》

 検察官「その警察官は、どうなりましたか」

 証人「その場で前のめりに倒れました」

 検察官「その後、犯人はどうしたのでしょうか」

 証人「友人と逃げたので、細かいところは分かりません」

 《それまで身動きせず質疑に聞き入っていた加藤被告。ここで机の上に置かれたノートを開き、なにやら書き込み始めた》

 《証人はこの後、もう一度犯人を見たという。それは、警察官に追われる加藤被告の姿だった》

 証人「犯人に大きな声を出している人は『待てー』と言っていました。(声を出している人は)制服を着た警察の人でした。(警察官は)犯人の(ナイフを持っている)右手をたたくような動きをしていました」

 検察官「犯人はその後どのような行動をしましたか」

 証人「路地の方へ入っていきました」

 検察官「路地の様子は見えましたか」

 証人「人が取り囲んでいて見えませんでした」

 《見取り図に、さまざまな記号を書いて、状況を説明する。証人はその後、被害者を救護するため、近くで倒れていた男性のそばに近づいたという。証人は、介護福祉士の資格を持っており、そのカリキュラムで救護法を学んでいたという》

 証人「駆け寄って『大丈夫ですか』と声をかけましたが、男性は口を開きませんでした。下をみると、胸のあたりから、すごいたくさんの血が出ていました」

 《間もなく、医者だと名乗る人が近づいてきて、心臓マッサージを始めた。証人は隣で傷口を圧迫し、止血を試みていたという》

 証人「心臓マッサージをすればするほど、出血が激しくなりました」

 《必死で救命活動にあたる目撃者たち。先ほどまでノートになにやら書き込んでいた加藤被告は、いつしかノートから手を離し、証人の言葉に聞き入っていた》    =(2)に続く

【関連記事】
秋葉原無差別殺傷 きょう第7回公判 ビデオリンク方式で証人尋問
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪
「裸の王様」次に座るのは…

<若年性パーキンソン病>異常ミトコンドリア蓄積が原因(毎日新聞)
<伊藤和也さん>遺志継ぎアフガンに寄宿舎 基金に2千万円(毎日新聞)
舛添新党の名称、「新党改革」に(時事通信)
アパート火災で2人死傷 東京・足立(産経新聞)
ひき逃げの乗用車内から覚醒剤 所持容疑の男「警察犬が置いた」(産経新聞)

大創産業に300万円賠償命令=無断編集のDVD販売−東京地裁(時事通信)

 蒸気機関車(SL)を撮った映像を無断で編集したDVDを販売されたとして、東京都内の写真家が、100円ショップ「ザ・ダイソー」を展開する大創産業(広島県東広島市)に損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。清水節裁判長は著作権侵害を認め、慰謝料など約308万円の支払いを命じた。
 判決によると、問題となったのは、写真家が世界各地で撮りためた映像を元にしたDVD「SL世界の車窓」。都内の制作会社が編集し、大創産業は2007年10月ごろから翌年2月にかけ、1枚315円(税込み)で約6600枚販売した。 

【関連ニュース
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界

<桜を見る会>足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回(産経新聞)
タクシーに無賃乗車、さらに売上金盗む 男子高校生ら3人逮捕(産経新聞)
こち亀 両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)

「手当より仕事」自民、参院選で公約案(読売新聞)

 自民党は14日、党本部で政権政策委員会を開き、夏の参院選の公約となる政策綱領の論点整理案をまとめた。

 「手当より仕事」を掲げ、民主党政権がとる子ども手当などの直接給付型の施策の代わりに、医療介護、環境などの成長分野で雇用を創出するような施策に重点を置く姿勢を示した。最近の国政選挙の公約では初めて、「集団的自衛権の行使を可能にする安全保障基本法の制定」を目標として明示した。

 政策綱領は、暮らし、持続的成長、真の政治主導など6分野で構成されている。

 経済政策としては、「誰もが働く場を得られる雇用の実現」を掲げている。社会保障制度では、「信頼、安心できる年金制度」「まさかの場合に頼れる医療」を打ち出している。

 ただ、消費税率引き上げなどの税制改正は今回の論点整理案には盛り込まれておらず、引き続き協議する。

 また、外国人地方参政権や夫婦別姓制度の導入に反対する考えを明記した。

 政治改革では、鳩山首相の元秘書らが起訴された事件を受け、公職選挙法改正を念頭に、「政治家の違法行為を秘書の責任にできないよう、政治家の監督責任を強化する」とした。

 ◆自民党参院選政策綱領の論点整理案骨子◆

 ▽「手当より仕事」を目指し、仕事の創出により地域で暮らせる安心社会を実現

 ▽集団的自衛権行使を可能とする安全保障基本法を制定

 ▽世界トップレベルの学力と日本に誇りが持てる教育再生

 ▽国会議員定数の大幅削減と公務員の天下り根絶

 ▽外国人地方参政権、夫婦別姓の導入に反対

ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)
<過労死控訴>障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)
自民・小池氏も離党表明=参院選公認で県連と対立(時事通信)
田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い−警視庁(時事通信)

田辺三菱の子会社、治験データ改竄 厚労省 トカゲのしっぽ切り許さず(産経新聞)

 子会社が現場となった不祥事だったが、厚生労働省は親会社の田辺三菱製薬へも業務停止処分を出した。

 厳しい措置を決断する背景となったのが、薬害エイズ事件を契機に、製薬会社の不祥事を厳しく処分することを盛り込んだ平成14年の薬事法改正だ。総括製造販売責任者は子会社で起きた不祥事についても責任を取ることになった。

 厚労省幹部は「承認制度の根幹にかかわる問題で、責任は重大。田辺三菱もその状況を放置しており、トカゲのしっぽ切りは許さない」と強調した。

 また「ミドリ十字時代に設立した会社で、幹部もほとんどが同社のOB。旧ミドリ十字をそのまま受け継いでしまった」とバイファの体質を嘆いた。

 厳しい処分に、業界関係者の中からは「これまで子会社の不始末で親会社が業務停止になるなんて考えられなかった」との声も出ている。

授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)
深夜の悲報、職員ら駆け付け=村本さん勤務のロイター通信−東京(時事通信)
「横転した車…外に出られず」タイ駐在員ら帰国(産経新聞)
懐かしの学舎の模型見つかる 朝来市の廃校から(産経新聞)
震災21世紀機構 震災の聞き取り調査本出版へ(産経新聞)

民家で男性刺される=逃走した男の身柄確保−島根県警(時事通信)

 6日午後0時50分ごろ、島根県大田市温泉津町小浜の民家で、男性が刃物で刺されたと女性の声で119番通報があった。県警大田署員が駆け付けたところ、この家に住む谷川歳春さん(64)が胸を刺されているのが見つかり、病院に搬送された。容体は不明だが、意識はあるという。
 男が逃走しており、谷川さんを刺したとみて、同署が行方を追っていたところ、間もなく発見、身柄を確保した。殺人未遂容疑で調べる。 

【関連ニュース
外国人2人がタクシー強盗=釣り銭箱奪い逃走
「自分があやめた」と供述=30代の韓国人、身元特定急ぐ
スーツケース遺体事件で男出頭=50〜60代、遺棄ほのめかす
逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害
頭部、鋭利な刃物で切断=遺棄は22日夜以降か

「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社−長野(時事通信)
<生命の起源>アミノ酸は宇宙空間から 国立天文台など発表(毎日新聞)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
「矯正可能性は絶無」大阪の強殺被告に死刑求刑(読売新聞)
<日本医師会館>届いた鉢植え、突然発火 けが人なし 東京(毎日新聞)

<大阪市営地下鉄>谷町線で逆走 昨年9月、初歩的ミスで(毎日新聞)

 大阪市営地下鉄谷町線で昨年9月、始発の大日駅(大阪府守口市)を出発する電車が、行き止まりの壁に向かって約20メートル逆走していたことが明らかになった。自動列車制御装置(ATC)が作動したため、壁から約200メートルの位置で緊急停止し、けが人などはなかったが、運転士と車掌がそれぞれ本来と逆の運転室に乗り込み、進行方向を勘違いした初歩的ミスが原因。大阪市交通局は「あってはならないミス。申し訳ない」と陳謝している。

 同局によると、昨年9月3日午前7時25分ごろ、大日発八尾南行き電車(6両編成)の運転士(37)が、本来とは逆の最後尾の運転室に乗車。信号が赤だったのに確認せず、壁に向かって発車させた。先頭車両の運転室には車掌(37)が乗り込んでいた。先頭車両には、運転を指導する役目の助役(44)も乗っていたが、異常に気付かなかった。電車は定位置に戻ったうえで、11分遅れで出発した。

 同局の調査に対し、運転士と車掌は「出発が遅れ気味で、焦って間違えた」と話しているという。市営地下鉄では3月15日、長堀鶴見緑地線で電車がポイントを損傷させるなど脱線や衝突の恐れがあるトラブルがあった。【小林慎】

【関連ニュース
大阪市営地下鉄:ポイント替えず通過 脱線、衝突の恐れ
文楽列車:奈良へ 平城遷都記念
鉄道トラブル:大阪の地下鉄、ポイント替えず通過 脱線、衝突の恐れ
鉄道運賃:「高い」沿線住民悲鳴 千葉・北総線、埼玉高速鉄道、大阪・泉北高速鉄道…
大阪維新の会:区を再編、区長公選 都モデル、大阪市解体−−基本政策

宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件−神戸区検(時事通信)
強風、総武・京葉線動かず…羽田84便欠航(読売新聞)
理念なき改革…高校無償化、見切り発車 あおりを受けた校舎老朽化対策 (産経新聞)
新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
<黒部市長選>堀内氏が無投票再選 富山(毎日新聞)

「自立、自律、自浄」を−国立がん研究センター・嘉山新理事長(医療介護CBニュース)

 独立行政法人国立がん研究センターの理事長に4月1日付で就任した嘉山孝正氏は同日、職員に向けて同センターの将来ビジョンについて告辞した。この中で、嘉山理事長は「独立行政法人というのは『自立、自律、自浄』、これをやっていかないと、その組織はアウト。あなた方が自分で立って、自分で律して、自分できれいにしなければ、この組織は要らない」と強調した。

 嘉山理事長は同センターの基本プリンシプルとして、▽がん患者さんに起きる医学的、社会的、精神的問題等を解決する組織▽世界トップ10のがん研究・医療の展開▽定員枠にとらわれず、業務内容による人員配置と広い人事交流▽正規職員の増員-などを列挙。
 また使命として、調査や研究、先進医療の提供、教育、政策立案など7項目を挙げた。このうち、政策立案については、「現場から問題を抽出して、厚生労働省にアイデアを上げるのがわれわれの役割」と強調した。

 嘉山理事長は最後に、「患者さんとその家族のためにあるということを根本において日々活動をしながら、世界のトップ20でも10でもいいが、そこを目指すというのが独立行政法人国立がん研究センターの在り方」と自らの描くビジョンを説明し、職員らに実現に向けた協力を求めた。


【関連記事】
NC独法化後の業務方法書案や償還計画案などを了承
事業仕分け第2弾、4月下旬と5月下旬に実施へ
独法の事業仕分け、PMDAを含め「聖域なし」―枝野行政刷新相
ナショナルセンター独法化で中期目標などを議論
国立高度専門医療センター改革案を提示―独立行政法人ガバナンス検討チーム

<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)
秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
大阪府立高教頭を現行犯逮捕=自宅に大麻所持容疑−奈良県警(時事通信)
外相とルース米大使が会談(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。