So-net無料ブログ作成

<大阪市営地下鉄>谷町線で逆走 昨年9月、初歩的ミスで(毎日新聞)

 大阪市営地下鉄谷町線で昨年9月、始発の大日駅(大阪府守口市)を出発する電車が、行き止まりの壁に向かって約20メートル逆走していたことが明らかになった。自動列車制御装置(ATC)が作動したため、壁から約200メートルの位置で緊急停止し、けが人などはなかったが、運転士と車掌がそれぞれ本来と逆の運転室に乗り込み、進行方向を勘違いした初歩的ミスが原因。大阪市交通局は「あってはならないミス。申し訳ない」と陳謝している。

 同局によると、昨年9月3日午前7時25分ごろ、大日発八尾南行き電車(6両編成)の運転士(37)が、本来とは逆の最後尾の運転室に乗車。信号が赤だったのに確認せず、壁に向かって発車させた。先頭車両の運転室には車掌(37)が乗り込んでいた。先頭車両には、運転を指導する役目の助役(44)も乗っていたが、異常に気付かなかった。電車は定位置に戻ったうえで、11分遅れで出発した。

 同局の調査に対し、運転士と車掌は「出発が遅れ気味で、焦って間違えた」と話しているという。市営地下鉄では3月15日、長堀鶴見緑地線で電車がポイントを損傷させるなど脱線や衝突の恐れがあるトラブルがあった。【小林慎】

【関連ニュース】
大阪市営地下鉄:ポイント替えず通過 脱線、衝突の恐れ
文楽列車:奈良へ 平城遷都記念
鉄道トラブル:大阪の地下鉄、ポイント替えず通過 脱線、衝突の恐れ
鉄道運賃:「高い」沿線住民悲鳴 千葉・北総線、埼玉高速鉄道、大阪・泉北高速鉄道…
大阪維新の会:区を再編、区長公選 都モデル、大阪市解体−−基本政策

宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件−神戸区検(時事通信)
強風、総武・京葉線動かず…羽田84便欠航(読売新聞)
理念なき改革…高校無償化、見切り発車 あおりを受けた校舎老朽化対策 (産経新聞)
新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
<黒部市長選>堀内氏が無投票再選 富山(毎日新聞)

「自立、自律、自浄」を−国立がん研究センター・嘉山新理事長(医療介護CBニュース)

 独立行政法人国立がん研究センターの理事長に4月1日付で就任した嘉山孝正氏は同日、職員に向けて同センターの将来ビジョンについて告辞した。この中で、嘉山理事長は「独立行政法人というのは『自立、自律、自浄』、これをやっていかないと、その組織はアウト。あなた方が自分で立って、自分で律して、自分できれいにしなければ、この組織は要らない」と強調した。

 嘉山理事長は同センターの基本プリンシプルとして、▽がん患者さんに起きる医学的、社会的、精神的問題等を解決する組織▽世界トップ10のがん研究・医療の展開▽定員枠にとらわれず、業務内容による人員配置と広い人事交流▽正規職員の増員-などを列挙。
 また使命として、調査や研究、先進医療の提供、教育、政策立案など7項目を挙げた。このうち、政策立案については、「現場から問題を抽出して、厚生労働省にアイデアを上げるのがわれわれの役割」と強調した。

 嘉山理事長は最後に、「患者さんとその家族のためにあるということを根本において日々活動をしながら、世界のトップ20でも10でもいいが、そこを目指すというのが独立行政法人国立がん研究センターの在り方」と自らの描くビジョンを説明し、職員らに実現に向けた協力を求めた。


【関連記事】
NC独法化後の業務方法書案や償還計画案などを了承
事業仕分け第2弾、4月下旬と5月下旬に実施へ
独法の事業仕分け、PMDAを含め「聖域なし」―枝野行政刷新相
ナショナルセンター独法化で中期目標などを議論
国立高度専門医療センター改革案を提示―独立行政法人ガバナンス検討チーム

<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)
秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
大阪府立高教頭を現行犯逮捕=自宅に大麻所持容疑−奈良県警(時事通信)
外相とルース米大使が会談(時事通信)

平成15年の強盗容疑で男逮捕 顔の特徴で探す「見当たり捜査」で(産経新聞)

 平成15年に都内で男性を暴行してキャッシュカードを奪い、現金を引き出したとして、警視庁池袋署は強盗と窃盗の疑いで住所不定、無職、分部(わけべ)麻世容疑者(28)を逮捕した。同署によると、分部容疑者は現場にいたことは認めているが、容疑についてはあいまいな供述をしている。

 同署によると、分部容疑者は事件後に逃走。16年3月に指名手配されたが、顔の特徴から容疑者を探す「見当たり捜査」で今月18日、捜査共助課の捜査員がJR上野駅周辺で発見した。

 逮捕容疑は、15年11月23日午後7時50分ごろ、豊島区池袋のホテルの一室に無職の男性=当時(22)=を連れ込んで暴行し、銀行のキャッシュカードを奪って都内のコンビニエンスストアで計約290万円を引き出したとしている。

 同容疑で男女4人が逮捕、起訴されている。

【関連記事】
目の特徴見逃さず 見当たり捜査で手配の男逮捕 警視庁
東大病院の医師かたり、“薬”を販売 容疑で無職男を逮捕 警視庁
「逃げてた訳ではない」…10年前の強盗傷害容疑の男を都内で発見、逮捕
【ネット きょうの論点】裏目の整形、一気に逮捕へ
「見当たり捜査」ヒット!ひったくり犯逮捕

河村市長「わしも協力」議会解散署名呼び掛け(読売新聞)
アパート火災で母子死亡=金沢(時事通信)
橋下知事が再び応酬「兵庫県議会、小中学生なみ決議」(産経新聞)
ダイヤ優先、規定違反6件…大阪の地下鉄事故(読売新聞)
<爆発>深夜のトヨタ工場で作業中 1人軽傷 愛知・みよし(毎日新聞)

民主・渡部氏「国民が辞めてほしい人は辞めよ」「世論大事にしないと民主党亡ぶ」(産経新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は23日午後、国会内で記者団から「小沢一郎幹事長をはじめ誰も責任を取らない民主党の姿勢」への感想を問われ、「国民の皆さんが辞めてほしいと思われる人は、辞めていただくことが一番いいんだろうな」と述べ、小沢氏や小林千代美衆院議員の辞任が望ましいとの考えを示唆した。

 また渡部氏は、「国民の世論を大事にする政党でなければ、民主党は亡びてしまいます」と、警鐘を鳴らした。

【関連記事】
首相「早急に協議必要」 辞職拒否の小林議員 閣僚から党執行部への批判も…
原口総務相「個別の案件は答えられない」 小林議員進退で
前原国交相「政治とカネ、けじめつけてない」 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ
「危機的だ」政権内部からも悲鳴 参院選戦略見直し論も
鳩山首相の金銭感覚、政治家としてどうなの?

民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か−京都・舞鶴(時事通信)
山梨県副知事に小沼氏(時事通信)
首相動静(3月21日)(時事通信)
<国民年金詐取>容疑の弘道会系組長に逮捕状…警視庁(毎日新聞)
「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊、講談社(産経新聞)

強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請−裁判員「評議、重い空気」・長野(時事通信)

 長野県上田市の会社役員を殺害し、預金を引き出したとして、強盗殺人罪などに問われた鉄工所経営朝倉利明被告(50)の裁判員裁判で、長野地裁(土屋靖之裁判長)は18日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 判決は「殺害方法は冷酷かつ残虐。遺体は産業廃棄物とともに埋められた。人格の尊厳を踏みにじる行為」と非難した。言い渡し後、土屋裁判長は「被告の刑事責任は極めて重く、その反省も十分とは言えない。被告に対する仮釈放の運用には相当慎重な配慮が必要」と述べた。
 判決後に会見した50代の男性は「(審理と評議は)深呼吸もできず、張り詰めて重い空気だった。何の罪もない被害者と残された遺族の悲しみを主に考えた」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
女性暴行6件、男に無期懲役=闇サイトで仲間、裁判員裁判
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員判決を支持
「強盗強姦罪成立しない」と上告=裁判員裁判初の性犯罪

<DV>認知件数、過去最多 ストーカー行為も…09年(毎日新聞)
タクシー乗務距離制限、取り消し求めMK提訴(読売新聞)
長島圭一郎選手 故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
プリウス事故「ブレーキ不具合なし」と千葉県警(読売新聞)
長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員を支持−高松高裁(時事通信)

老人施設「たまゆら」火災で運営団体のNPO認証を取り消し(産経新聞)

 群馬県は18日、昨年3月の火災で入所者10人が死亡した同県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」を運営する「彩経会」のNPO法人の設立認証を取り消したと発表した。特定非営利活動促進法に基づくもので、県では理事長の高桑五郎被告(85)らが業務上過失致死罪で起訴されたことなどで「重大な法令違反があり、改善も見込めない」と判断した。

 県NPO・ボランティア推進課によると、法令違反でのNPO法人の設立認証取り消しは県内初。

 彩経会は平成11年9月20日にNPO法人として認証を受けた。昨年3月19日に発生した火災で、高桑被告ら役員2人が起訴され、火災後は、同法が定める年1回以上の総会や、監査も行われていないなどの法令違反があった。

 また、高桑被告と義妹2人の計3人が役員となり、3親等以内の親族は2人以内という規定などにも違反していた。

 設立認可取り消しを受け、県は同日、前橋地方法務局に登記抹消の申請を行った。今後、解散手続きが前橋地裁によって進められ、債務の整理などが行われる見通し。

【関連記事】
札幌介護施設火災7人死亡 法のすきま、悲劇再び
法の網くぐり抜ける炎 7人死亡、繰り返す悲劇
「たまゆら」火災で理事長ら起訴 改善進まぬ老人施設
「たまゆら」理事長ら起訴 住民「通過点に過ぎず」
たまゆら事件に大沢知事、「安全に最大限の努力」

公明、子ども手当法案に賛成へ=与党が修正受け入れ、高校無償化も(時事通信)
架空のマンション転売話で詐欺 不動産ブローカー再逮捕(産経新聞)
シー・シェパード元船長、身ぶりで侵入再現(読売新聞)
矢刺さった奈良のシカ死ぬ、肺まで傷(読売新聞)
<雑記帳>大分大5年生 人気のタマ(毎日新聞)

<七味唐からし>異物混入 長野「八幡屋礒五郎」(毎日新聞)

 七味唐辛子を製造販売する「八幡屋礒五郎」(本社・長野市)は10日、全国に出荷している「七味唐からし」12品目計23万個に異物が混入した恐れがあるとして、返品・交換に応じると明らかにした。「万一食べても健康に直接影響はない」と説明し、被害の報告もないという。

 対象は09年12月〜10年2月製造で、賞味期限が10年11月20日▽10年12月20日▽11年1月20日から11年2月3日−−の商品。同社によると、2月上旬に原料のシソにポリエチレン片(縦1ミリ、横2.5ミリ)が一つ見つかった。生産者が乾燥させる際に使ったブルーシートが劣化し、混入した可能性が高いという。同社の七味唐辛子は善光寺みやげとして知られる。

「被害者の恐怖や痛みを味わい死んでほしい」涙声で極刑を求める証人(産経新聞)
B型肝炎訴訟 10地裁で初の和解勧告 札幌地裁「救済範囲を広く」(産経新聞)
「格闘訓練は制裁」死亡の海自隊員遺族提訴(読売新聞)
築地市場移転、土壌汚染問題 都「無害化実験、8割成功済み」(産経新聞)
<ウインターラフティング>尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)

自殺装い殺害容疑 元妻ら5人逮捕(産経新聞)

 宮城県亘理町で平成12年、自殺を装って自衛官の高橋光成さん=当時(45)=を殺害したとして、県警は3日、殺人容疑で高橋さんの元妻で那覇市安謝(あじゃ)のパート社員、まゆみ容疑者(49)と仙台市若林区の会社役員、菅田伸也被告(31)=強盗殺人罪などで起訴=ら5人を逮捕した。5人とも容疑を認めているという。

 県警によると、高橋さんは首をつって死亡した状態で見つかり、検視を行ったが、まゆみ容疑者の証言などから自殺と判断していた。阿部信三郎刑事部長は同日、検視に誤りがあったことを認め、「誤認検視の絶無に取り組む」とのコメントを出した。

 菅田容疑者は、16年に仙台市青葉区の飲食店経営、石垣英治さん=当時(30)=と、11年に東京都新宿区の暴力団組員、打田篤司さん=同(31)=の2人を殺害したなどとして逮捕、起訴。殺人事件への関与は今回で3件目。

 5人の逮捕容疑は、12年8月6日、高橋さん宅で、首つり自殺を装って高橋さんを殺害したとしている。

<変死体>70歳「妻を殺した」車内に遺体 千葉(毎日新聞)
<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島(毎日新聞)
<大阪・付属池田小>安全な教育環境づくり WHO認証取得(毎日新聞)
あかつき、5月18日打ち上げ=金星探査機、H2Aで−宇宙機構(時事通信)
子ども手当満額支給 首相「国債発行してまで…」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。